代替療法により、健やかな体を目指す日々をつづります


by meg_MH

2012年の幕開け

a0219774_231338.jpg

もう年があけて、1週間たちますね。
あけましておめでとうございます。
ことしもよろしくお願いいたします。

なんて、いまさらな挨拶をしたところで、現状報告を。
実は昨年のクリスマスあたりから、
肌の調子がすこぶる悪く、首からあごにかけて、
炎症と粉吹きがひどかった。
(そのため、なかなかブログを書く気になれなかった)

クリスマスだと油断して、某大手チェーン店のフライドチキンや、
コンビニで買ったと言われても納得してしまうような
ティラミスを口にしたのが、事の発端かもしれない。

私の場合、アトピーの症状が顔に出ることは少なかったのだけれど、
それだけに出てしまったときのショックが大きい。
鏡を見るたびに、「ああ、あんなに頑張ってきたのに、
なんでまだ私のアトピーはこんなに猛威をふるうんだ!?」と
自分の運命をのろいたくなった。

ただ、もし本当にクリスマスに食べたものが不調の原因なら、
それだけ体のリアクションがダイレクトになっているということ。
受け入れたくないものは、速やかに排除し、
体を浄化する方向に向かっているのかもしれない。

少々無理繰りなポジティブシンキングな気はするけれど、
2012年は、そうやってなるべく体のリアクションを
否定的に考えないようにしたいと思う。

写真:年末に割れてしまった鏡。
お気に入りだったけれど、人生は破壊と創造の連続。
また、新たな出合いがあるということかもしれない。
何事もとらえ方次第だよね。
[PR]
# by meg_MH | 2012-01-08 23:22 | 覚え書
a0219774_21403761.jpg

最近、夜0時近くになると眠たくて、いつの間にか眠りに落ちている。

「そんなの夜なんだから、当たり前じゃないか」と思う人が多いと思うけれど、
アトピー患者には決して当たり前ではない。

アトピー患者は、夜かゆくて眠れないという
いまわしい事態に見舞われていることが多い。

しかも、私の場合、ステロイド断ちをしたせいか、
日内リズムが完璧に狂い、つい数ヶ月前まで昼夜逆転の日々が続いていた。
それが仕事を辞める、大きなきっかけとなったと言ってもいい。

そんな私がいまや、夜眠って「しまう」のである。
こんなに嬉しいことはないではないか。

やっぱり毎日のようにヨガをやって、
血液やリンパの流れをよくしたり、汗で老廃物を排出したりしているのが、
肌の調子をよくし、よい眠りをもたらしてくれるのだろう。

また、単純に運動をすることによって、心地よい疲労感があることも大きい。

まあ「過ぎたるは及ばざるがごとし」というので、
あまり無理をせずに、長く続けていければと思っている。

写真:ヨガウエアや水は、いつもエコバックに入れて持ち歩いている。
[PR]
# by meg_MH | 2011-12-22 21:59 | ヨガ

案ずるよりも

a0219774_23185949.jpg

きょうは仕事始めだった。

まあ、初日ということで、急ぎでやらなければならない案件もなく、
とどこおりなく一日が過ぎた。
ずっとこののんびりペースで仕事ができるとは思わないけれど、
とりあえず、やっていけそうな気がする。

仕事から帰ってきたら、カフェでリラックスしたあと、
ホットヨガで心身ともにリセット。
気持ちのよい日だった。

案外、案ずるよりも生むが易し、ということなのかな?

写真:失業期間中はよく焼き芋を食べた。
自転車に乗った男性に、すれ違いざまニヤッと笑われたりしてね。
そうした、ゆったりした時間が心にあるからこそ、
これから頑張っていける気がする。
[PR]
# by meg_MH | 2011-12-19 23:25 | 覚え書

社会復帰

a0219774_21215054.jpg

再就職先が決まった。

年内に決めたいと思っていたし、この不況下で雇ってもらえるなんて、
ありがたく喜ばしい話かもしれない。
実際、周囲の方々からはお祝いの言葉を頂いている。

しかし、7ヶ月間も働いていなかった私としては、
少々不安に思わないでもない。
「ちゃんとやっていけるんだろうか?」
そんな不安が知らず知らずのうちに、心を覆う。

そのせいで、しばらく調子のよかった体も
ストライキを起こし始めたのか、
肌がカサカサになり、体も重ダルい。

「弱っちいな~」。
そんな言葉が思わず口から出る。

でも、以前と違って、その弱さをただ認めている自分がいる。
自分は自分が思っている以上に、
心の動きに影響を受けてしまう体質。
そのことはもう変えようがない。

それは背が低いとか高いとか、足が長いとか短いとか、
そういった身体的特徴ときっと何ら変わりはない。

だったら、影響を受けてしまったとき、
その事実に悩むのではなく、負のスパイラルをどうやって逆転させるのか。
そのことを考えたほうが、建設的だろう。

ゆっくり休む、ヨガをする、笑顔をつくってみる、
調子がいいときの心持ちを思い出してみる、
体にやさしい食事をする……。

どれでもいいけれど、そのとき自分にとって
気持ちのいい手段をとればいい。

この7ヶ月間、一見何もしていないように見えて、
いい方法をたくさん学んだはず。
まあ、半ば空元気という気もしないではないけど、
そうやって顔を上げて暮らしていければと思っている。

写真:平日の町並み。このゆったりとした空気を覚えておきたい。
[PR]
# by meg_MH | 2011-12-17 21:23 | 心の問題

寒さと肩こり

a0219774_22501629.jpg

ここのところ寒さが増して、肩こりがひどくなった。
そして、ヨガを始めてからごぶさたしていた整体に、再び足を運ぶはめに。

寒くなると人間の体は、血管を収縮させて、外に熱が逃げるのを防ぐらしい。
ただ、その結果、血液の循環が悪くなり、老廃物や疲労物質がたまって、
痛みを引き起こすとのこと。

また、寒くなると筋肉は収縮運動をすることによって、体温を上げようとする。
しかし、その収縮が末梢神経を圧迫して、逆に痛みを引き起こすらしい。

寒さから身を守るために体がとった選択が、
痛みを引き起こす結果になるなんて、ちゅっと皮肉……。
まあ、背に腹は変えられないってところでしょうか。

体も頑張っているんだから、せめて冷えないように
気をつけてあげることが大切なのかもねえ。

写真:この間まで雨続きで、本当に寒かった(ブルブル)。
[PR]
# by meg_MH | 2011-12-13 23:08 | 覚え書